伊豆で朝日を狙うなら伊東のオレンジビーチ!海から昇る朝日を撮ろう

毎年お声がけ頂いて子どもたち連れて訪れる、伊豆は伊東、オレンジビーチ。始まりは海の家で日が昇るまで飲むという、強化合宿的な何かであった気がしますが、時も流れ、ホテルをとって家族で過ごす夏の風物詩となりました。ただ、とある事情でここ3年ほど機会に恵まれいなかったりしてますが。

初めて訪れた夏、海から昇る太陽に魅せられて、いずれきちんと撮影に来る機会を作ろうと思いながら、なかなか実現せずでした。ただ今回、伊豆の旅館撮影絡みで観光地情報も少し必要になり、たまたま東伊豆だけ回れていなかったので、無理やり撮影に行くことにしました。どうせだったら朝いちで行って、オレンジビーチで朝日が撮りたい。ただそれだけの思いで予定を詰め込んだ気がします、笑。

伊豆での朝日撮影/伊東のオレンジビーチを目指す

朝日を撮るんだから当然暗いうちから始動。ってことで、自宅を出発したのはAM3時過ぎ頃。高速使って2時間程度での到着でした。早速。

残念ながら水平線には雲がかかっており、海から昇る朝日は撮れそうにありませんでした。でも、かえっていい雰囲気かも、なんて思いながらシャッターを切り続けることに。でもね、広角で三脚据えて撮ってるから、同じような絵が大量にメモリーに蓄積されていきます。デジタル時代でよかった。

実際、ワタシは愛媛県の出身なので、海と言えば太陽が沈むところ。朝日の昇る海は馴染みがありませんでした。初めてこのオレンジビーチで朝日を見たのは2010年8月。飲むこと前提で集まった会だったので、当時使っていたメイン使用のD300はお留守番で、GRとD70で撮影したんだったな、なんて。

GR Digital
D70/TAMRON28-300mm

やはりこうして見ると、カメラの性能ってすごいんだなって再認識しました。新しいカメラは、やはりそれだけですごい、笑。

ということで今回撮影した写真はこちらです。

太陽と海を、これまでよりは優しい表現にしてみたかったので、その辺りをすこし意識して仕上げています。マスクをかけたりなどの処理は得意じゃないので、全体的は処理以外、部分的なものなどは行ってません。

こちらはこれまでの様に、少しハードに現像してみました。でも、こうするとどうしても夕日っぽくなっちゃいますね。もっと朝の空気感が出れば良いんですけど、なかなか難しいもんです。

その中間くらいと頑張ってみたものの、むむむ、ちょっと似たような写真ばかりになっちゃいましたね。でもこの辺りが、ワタシが持っているイメージに近いものかもって思っています。夕焼けも好きだけど、朝焼けもやっぱ好きだな。

そんなこんなで撮影時間は1時間ほど。あっという間に日も昇り、辺りは明るくなりました。

ようやく実現したオレンジビーチでの朝日の撮影。実行できてよかったし、何よりすごく楽しかったです。いい写真も撮れましたし、早起きした甲斐もありました。

オレンジビーチは伊東駅からも歩いてすぐの海水浴場。車でなくてもアクセスは楽ですが、朝日を撮るなら車移動必須になっちゃいます。この日ワタシは伊東駅近くの駐車場に車を停め、そこから海岸まで歩きました。駅周辺にはコインパーキングもたくさんあるので便利です。ご参考までに。