三浦三崎でまぐろを食す。ノスタルジックな商店街も楽しめる港町

三浦三崎でまぐろを食す。ノスタルジックな商店街も楽しめる港町

週末は三連休続きだというのに、尽く悪天候の予報。
初回の三連休に予定していた知人とのツーリングは、リスケしたのに当日晴れちゃったねのパターン。
で、翌週に持ち越しとなった予定も、またもや雨予報で不安しかないような状況。
そんな木曜、どうせ週末雨なんだったら、その日を仕事にあてて、今日はこのままバイクで走っちゃえと、思いつきで三浦海岸までまぐろを食べに行くことにしました。
まぁ一人なのが寂しいところではありますが、空はいい天気だ、笑。

ということで、今回は突然思い立って三浦三崎までまぐろ食べに行ったよってお話。

三浦半島、三崎町

今回は完全に思いつきであったため、細かく調べる事なく、なんとなく行ってみたい店としてピックアップしていた海鮮定食が食べられる店を目指し、三浦半島にある三崎町に向かって走り出しました。
天気のいい昼間に高速道路も試してみたかったしね。

そんな三崎町、目黒からの距離は約70kmで、高速を使えば1時間半ほどです。

納車時にETCを付けてもらってたのですが、怖くて走れなかった高速道路。
今回勇気を出してのバイク初高速となりましたが、驚くほど快適で気持ち良かったです。
ドラッグスター、全くスピードは出ないけど、どこまででも行けそうな気がしてくる。

まずはマグロを食す

あっという間に三浦三崎に到着。
最初バイクを停める場所を見つけられる少し探しましたが、港裏の駐車場の警備さんに聞き、その脇に停めることができました。
後は歩きでいろいろ見て回ることに。

とりあえず腹が減ったな。。。

ということで、まずは腹ごしらえ。

港周辺のメイン道路から一本入ったところに、今回の目的地である「まるいち食堂」があります。

お魚屋さんと並びでお寿司屋さんっぽい感じの店と、食堂っぽい感じの店があります。
中はつながってるようで、食堂前で受付をすませます。

13時過ぎではありましたが、まだまだ混雑中のようでした。
まぁ一人だし、バイクだからお酒も飲めないしなので、端っこの隅の方の席でも全く問題なし。
ただね、写真はいい感じに撮れる雰囲気でもなかったので、美味しい食事の写真はございません、笑。

どうせならと奮発して地魚入の刺身定食にしたのですが、まぐろのみを堪能するのもありでしたね。
次回はまぐろづくしてやろうと思います。
それにしても美味かった。
久々にご飯もおわかりしちゃいました。

周辺を散策してみる

お腹もいっぱいになったし、どうするかなと歩き始めると、なんとなくレトロな建物が。

バイクじゃなければ間違いなく飲んでた。
趣のありすぎる酒屋さんです。

意外といい感じの町並みなんだなと周囲を見回すと、なんとなく商店街だったような場所が目に付きます。

渋すぎる、というか、なんとなく見たことがあるような気がしてきます。
地元の商店街に似てるからかなと歩いていると、

なるほど、見たことあるわけだ、さくら通り商店街だったんだ、ココ。
それであればいろいろと調べておけばよかったなと、今ここで後悔です。

失礼ながら、案外人通りというか、観光されている方が多いのにビックリしました。
そういや、まるいち食堂もいっぱいだったしね。

何故かワタシ、ゆっくり観光をするモードに切り替わってなく、忙しなくあちこちを見るだけで、サラッと写真をとって次のところに向かいと、なんとなく落ち着きがありませんでした。
平日急にきちゃったからかな、とか思いながら。

でも、街はとても好きな雰囲気だったんですよ。
またゆっくりと来たいな。

そして、ふりだしの酒屋さんに戻る、と。

最後に

慌ただしく約一時間ほどの滞在で三崎を後にしたわけですが、まぁまぐろ食べるが主たる目的だったわけだから、これはこれで正解ですよね。

この後、城ヶ島の方まで回ってみたんですが、なんか広くてバイクでぐるっと走ってそのまま帰路についちゃいました。
城ヶ島公園とかも散策してみればよかったですね、ホント。

ということで、バタバタした三崎の旅でしたが、とにかく美味い魚が食えて大満足です。
おまけのようなロケ地巡礼は、次回きちんとやり遂げたいと思います、笑。

ちなみに、京急電鉄オフィシャルサイトで、三浦三崎の情報が詳しく見られます。

⇒ 京急電鉄オフィシャルサイト/三浦・三崎であそぼう
⇒ 京急電鉄オフィシャルサイト/三浦・三崎MAP

かなり詳しく情報が掲載されているので要チェックです。

三崎は近いし、またおじさんライダーで遊びに来たいと思います。