ようやく訪れることができた山口県岩国の錦帯橋、思い出の橋

ようやく訪れることができた山口県岩国の錦帯橋、思い出の橋
2019年7月10日

何故か記憶の奥底に眠る錦帯橋。

幼い頃の春の時期、この錦帯橋の近くで家族でワイワイと弁当を広げ花見をした後、どこかは忘れましたが、とある目的地まで言われるままに、かなりの距離を歩いたような、そんな記憶です。

川沿いでお花見してる時、近くにいた同年代の子が被っていたおもちゃのヘルメットが欲しくて父におねだりしたら、いつもは渋ちんの父が「この後目的に着いたら買ってやるよ」って。その言葉がなんか嬉しくて、必死で頑張って歩き切ったっけな。で、「着いたよ、買ってよ」って言ったら「さ、帰るぞ」ってお決まりのパターン。そのまま疲れて寝ちゃってたのか、すねてしまってたのか、後のことはよく覚えていません。

そんな幼少の頃のそんな記憶が、ずっと消えないまま残っていたんです。
一昨年の父の他界をきっかけに、その思い出に触れたいという気持ちと、単純に錦帯橋を撮ってみたいという思いが相まって、特にここ最近では、そんな錦帯橋に行ってみたいという思いがどんどん強くなっていました。
その思いがとうとう溢れ出し、今回の岩国旅路となったわけです。

そうそう、この思い出話を母にしたら、言われて思い出したよって。
母も忘れていた岩国でのお花見、どうも45年ほど前の出来事だったようです。

さて、そんな今回は、ワタシの思い出の岩国、錦帯橋を訪れてみたよってお話。

錦帯橋の場所

錦帯橋(きんたいきょう)は山口県岩国市にある5連の木造アーチ橋です。

地元愛媛より船で柳井まで渡り岩国入りを検討していたんですが、この日は義弟の車で連れてきてもらうことができました。
高速を岩国ICで降り、錦川沿いに岩国城をぐるりと回り込むようなアクセスですね。
錦帯橋周辺には近隣駐車場が4箇所あり、車でのアクセスも安心です。
下記のリンク先などに駐車場情報など詳しく記載されてましたので参照してください。

⇒ 錦帯橋・吉香公園付近の駐車場情報

ワタシ達が利用したのは下河原駐車場。この日は無料でした。
着いて目の前が錦帯橋ってだけで、もう大興奮、笑。

錦帯橋は通行料金が必要

ちなみに、錦帯橋を渡るには通行料が必要となります。

料金設定は往復のみで、片道料金の設定はないようです。

■錦帯橋通行料金
大人(中学生以上)個人300円
小学生 個人150円
※24時間通行可能。ただし営業時間外は係員がいないため料金箱に代金を支払っての通行となるようです。

また、橋単体での割引はありませんが、岩国城観光の際に必要となるロープウェイの往復乗車券と入城料がセットで割引になるようです。

■セット券(錦帯橋入橋券、ロープウェイ(往復)、岩国城)
大人(中学生以上)通常1,110円 → 940円
小学生 通常520円 → 450円

なんとなく渡った記憶もあるんですよね。
当然かけ替えられたこの平成の錦帯橋ではなく、その前の昭和の錦帯橋ではありますが。

それにしても、なんともいい気持ちです。

どちら側からでも絵になる錦帯橋

撮影のメインは山から見ると外側、下河原駐車場の方ではないかと思います。

  • Nikon D810/Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
  • 14mm/f9/ISO 200/1/1600s

オフィシャルの記念撮影をする台のセットなどもされていて、錦帯橋と一緒に岩国城も撮影することができます。
ただ、少し太陽の位置が気になりますね。
広角だと、どうしてもフレアやゴーストが出てしまいました。

こちらは山側からの錦帯橋。
先に映り込む風景が街並みになりますが、錦帯橋の雰囲気に関しては、こちらの側の方が綺麗に撮れるような気がします。
ただ、やはり太陽の関係で、この時間帯だと発色自体はあまりいい感じがしませんね。

せっかくなんでコレもやってみました、笑。

  • Nikon D810/Nikon AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G ED
  • 14mm/f8/ISO 200/1/640s

こういった撮り方をすると、非常に迫力があります。
もう少し先のアーチも写せると非常に良かったんですけどね。難しかった。。。

夕暮れ時の錦帯橋

夕暮れに向けては、やはり岩国城も写せる外からの撮影にしました。

このくらい広角で撮ると、岩国城が認識できませんね、笑。

小高い山の上のお城って、地元の松山城を思い出して親近感がわくんですよね。

何枚も撮りましたが、錦帯橋を撮るのって案外難しいんですね。
アーチを綺麗に移そうとすると迫力に欠けるし、迫力を出そうとすると、5連という大括りを表現できないしで、結局納得行く形で終わることができませんでした。
その上この日はいい感じに空も焼けず、サラッと夕暮れとなりました、残念。

とは言え、昔の思い出を追いかけながら橋を渡ったり、橋の袂を歩いたりできて、非常に良かったです。旅の目的は果たせたかな。
あと、撮影に関してもいろいろ勉強にはなりました。
次回はもっと桜の時期だとか、紅葉の時期だとかに訪れたいですね。

岩国城

ロープウェイを使って山を登れば、岩国城にも行くことができます。

ロープウェイが到着するこの位置からは錦帯橋を見ることができますが、横の展望台広場の様な場所からは、木が生い茂っていて錦帯橋を見ることができませんでした。

ここから5分ほど歩けば岩国城の天守閣に到着です。

ぐるりと周辺を歩いてみましたが、綺麗に錦帯橋を見下ろせる場所は見つけられませんでした。
唯一取れそうだなと思った場所も、

このくらいが限界でした。
手前の2橋が隠れちゃってますね。

やはりお城にも登るしかない、笑。
入館料は、大人260円、子供120円。

ただ、その景色は素晴らしいです。
蛇行する錦川も綺麗に見ることができます。
もっと空気が澄んだ日であれば、瀬戸内海も綺麗に見渡せるんでしょうね。

錦帯橋も非常に綺麗に見られます。

最後に

訪れたのが日曜と言うこともあり、義弟たちは日帰り錦帯橋を後にしたのですが、ワタシはそのままの近くで宿で一泊し、翌日も少しプラプラすることができました。
おかげで岩国城も行けて良かったなと。

朝は寝坊して全然錦帯橋を撮ることが出来ませんでしたが、まぁこの旅はこんな感じでも大満足でした。
ずっと心に引っかかってた何かを、ようやく報告出来たような、そんな気分です。

岩国市の錦帯橋、改めて来てみましたが、非常に良いところでした。
次回はもっともっといい季節の時に、たくさん写真撮りたいですね。

皆さんも、山口県に行く機会があれば、是非訪れてみてください。