今改めて考える、自分の写真に対する向き合い方やこのサイトについて

サイト開設してから結構な時間経ちましたが、まだまだ来訪者も少なく、このサイト自体もいろいろと見直さないとな、なんてことを考えています。サイト名も分かりづらいし、せめてカメラなんちゃら、とか、写真なんちゃらなんてサイト名にしていたら、訪れた人もどんなサイトなのかイメージしやすんかったんでしょうけど、いかんせん「ニッポナントカ」ですからね。何のサイトやら分からないですよね。

実際、サイト名に関しては、最後の最後まで「じじぃ、撮る」とどちらにしようか悩んだんですが、まぁ日本が好きだという思いも強いし、海外も行きたいけどまずは日本を撮ろうと、そんな決意表明的な意味を込めてこのサイト名に決定したことを思い出しました。まぁ結果じじぃの方になってたとしても、意味が分かんなくてダメそうですが、笑。とりあえず、プロフィールはハンドルではなく名前に変更しました。自分もまた改めてという思いを込めてですね。

そもそもは自分のカメラライフを支えるもの

そんなこのニッポナントカ、最初は自分の写真上達のためのサイトと言いますか、自分のカメラや写真に対する何かを見つめ直すために開設したサイトでした。

写真を撮りはじめて、すぐに写真素材サイトに投稿するようになり、その素材サイトを通じて自分の写真を人に見てもらう楽しさを覚えました。このことは、単純に写真を撮っていたのではなかなか味わえない経験だったんだろうなと思います。撮った写真を見て評価してもらえるということ、また、それも大半が好意的に受け取ってもらえていた環境にあったため、非常に楽しく写真を撮っていたように思います。写真素材というワードをキーに自分の写真を他人に見てもらえる機会があったことは、ワタシにとって幸運でした。

ただ、そんな写真に関しての向き合いもただただ時間が流れていくばかりで、撮影方法やテクニック的な何かは、何となくその場その場で覚えては忘れ的な状況であったこと、また、写真に向き合っている時間からすれば、もっといろいろな形で成長が見られるはずなのに、ワタシには全く成長というか上達の後が見られなかったことなどの理由から、自分の写真に対する思いや経験を何かの形で書き留めておきたいなと思い、このサイトを立ち上げることになったのです。言わば自分のカメラログですね。自分自身のカメラライフを支える、そんな場所になればいいなと、そんな風に考えてました。

写真テクニック的な何か

デジタルカメラの出現、そして何よりそのカメラボディの進化により、写真を取り巻く環境は劇的に変化しました。ピントや露出に関しては常にカメラ側が最適解を提供してくれ、その仕上がりさえもカメラ本体が絶妙な調整をしてくれます。もはやシャッターを切るだけと言っても過言でない状況だったりしますが、それでもアウトプットされる写真は撮る人によって全く異なった印象を与えるものとなります。

写真って、ファインダー越しに広がる世界を、どうやって第三者に伝えるのか。そんな気持ちが確かに反映されるものだと思います。そういった意味では、テクニック的なものはきちんと覚えたいなという思いもありますし、何よりもっとベーシックなカメラの使用方法などはもっと知るべきだと思い知りました。つい最近まで、被写体をピント追従する方法すら知りませんでしたからね。

写真機材的な何か

それこそ写真機材的な何かには、非常に興味があります。カメラ本体に限らず、レンズ、三脚、アクセサリー、とかその他諸々、あったら便利なものも気になりますし、使って良い写真が撮れるのであれば、そこそこ頑張って購入もしてきたつもりです。それでもなお、欲しいと思っているものもたくさんあります。ただ、それらを使いこなすだけの知識もなければ、そんな事を指導をしてくれる人も周りにいないのが現状なので、なかなか難しいなと思うことが多いですね。

今でいうと、照明といいますかライティングに非常に興味があるんですが、何をどうすればいい感じになるのかわからないんですよね。撮影をするスペース的なことから始まり、持っていた方が良いような照明器具やその他撮影機材、また、それらを使うテクニックなど、どれも持ち合わせていません。こんなご時世ですからネットで検索すれば、大体のことは分かるようになるのかもしれませんが、じいさんには文化的に難しい部分も多く、やはり実際にやってみながら覚えないと難しいことが多いですよね。

被写体的な何かとアウトプットする形

よくよく考えてみれば、自分が撮りたいものが何なのか、あまり考える機会がなかったようにも思います。サイト制作の際に使いやすいものだとか、写真素材として使われやすいものなどという方向性が、自分が撮ろうとするものを決めていたような気がしますし、案外テーマ的な何かとかコンセプト的な何かとかは考えないまま撮影していた気がします。

そんな期間が長く、ワタシも何となく素材集めのための撮影でしかなくなっていて、いつの間にか今自分が何のために写真を撮っているだっけ?なんて思うようになったりして、そんな頃から写真をあまり撮らなくなった気がします。今から5〜6年くらい前のことでしょうか。完全に自分の中の写真というものを見失っていたように思いますし、それは今もあまり変わっていないのかもしれません。

SNS的な何か

ずっとFacebookやってたんですが、何といいますか、ただなんとなく足が遠退き、もともと写真投稿的なことしかしていませんでしたので、それであればと純粋に写真を楽しむため、メインアプリをInstagramに切り替えました。あと適当にpostするためのものとして改めてTwitterを使うようになりました。以前はそれら全部がFacebookで、しかも仕事の付き合いの人とかともつながっちゃってるから、あれはダメこれはダメ、あぁこれはアピールっぽくなるなぁとか、そんな事をいちいち考えなければいけませんでしたからね。そういう意味では、今は非常に気楽にSNSに向き合ってる気がします。

Instagramに関しては、割と初期からアカウントとってやってたんですけど、これはこれで迷走してまして、インスタなんだからケータイで撮影した気楽な写真を投稿したいという思いと、綺麗な写真を綺麗に見せたいという思いが入り乱れて、なんだかよくわからないことになっていた気がします。今は過去投稿分もあわせて整理しながら、一眼で撮ったものをアップするように切り替えている最中です。それこそ見て欲しい何かとしてアップできるようにと、そんな思いを込めて向き合いはじめているのかもしれません。

それより何より、Instagramから得られるものの大きさを今更ながら実感してます。こんなに素敵な写真が毎日大量に見られるなんて、こんな贅沢はありませんよね。たくさんの写真を目にする機会を得て、非常にワクワクしながらいろいろ見させていただいています。そうしているうちに、自分の好みの写真がある程度分かってくるようにもなりました。自分が撮る写真に関しても、どういったテイストでどう撮ろうと考えるようになった事は、自分の中でもかなりの変化だと思います。

そんな今は、自分の撮りたいと思っている雰囲気の写真は撮れないレベルである自分の現状を認識しながら、どういったシチュエーションでどういう撮り方をすれば自分の好きな雰囲気に近づけるのかということを考えるようになりました。以前はシャッター切ってプレビュー見て「格好いい!よし!」とかそんなレベルでしかなかったんですけどね。

そういう意味では、こうして考えていることを文章にするということが非常に役立っているのかもしれません。ま、文章は相も変わらず下手くそなんですけどね・・・。

そんなここ、ニッポナントカ

そんなこのサイト、ニッポナントカですが、実はリニューアルをずっと考えています。もっと使いやすく分かりやすいサイトになればいいなと。

ただ自分の中では、サイトの作り込みに時間をかけるなら、同じ時間を写真を撮ることに使いたかったこと、また、このサイトがいつまで続けられるか分からなかったことから、そんな思いを先送りにしていました。事実立ち上げて半年放置し、更新をはじめたものの何をどう書いてイイか分からず、更新頻度も安定せずでしたからね。

ただ、ココ最近は書きたいことも何となく自分の中に固まってきてますし、実際下書き保存している記事もかなりの量になってきている状況もありますので、自分なりにペースが掴めてきているのかもしれません。理想は3日に1度、月に10記事程度の更新でしょうか。これまで達成したことがないので、コイツが達成できればリニューアルをしてもいいかなと、自分の中では何となくそんな感じに考えています。

最後に

と、そんなあまり写真とかカメラとか関係ない感じに締めくくっちゃいましたけど、ひとまずリニューアルできるように、更新頻度を安定させ、写真もどんどん撮りに行きたいなと思っています。そういう意味では、ココ最近はフットワーク軽めなんですよね、珍しく、笑。

ということで、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。