大雪にみまわれた東京、冷え込んだ朝

大寒波襲来。関東地方、昨日は雪だと聞いていましたが、ここまでちゃんと降るとは、といった感じでしたね。早目に帰っておいてよかった、笑。まぁこの程度の雪で「大雪」などと言ってしまっては雪国の人に怒られてしまいそうですが、こんな雪でも東京は大混乱。とにかく駅やタクシー乗り場には人が溢れ、すごいことになってましたからね。

そんな昨日は家でおでんを食べながらいっぱい始めたので写真も撮らず、今朝になって事務所に向かう途中での撮影になりました。

雪に覆われた2018年1月23日、目黒

自宅付近です。まぁそれほどの量ではないものの、足元はかなり悪い感じになってました。雪かきをしてくださってる人もチラホラ、本当にご苦労様です。

目黒通り、バスに限らず走る車はチェーン巻いてましたね。シャリシャリガチャガチャ、という音はこの寒い空気にマッチします。

事務所に行くまでには幾つかの公園があるんですが、小さい子供が雪だるま作ってたり、何とも微笑ましい光景がそこにありました。

こんな感じに、いつ誰が作ったかっていうような獣のような雪だるまが鎮座してました。なかなかのセンス、笑。

いつもの見慣れた街並みですが、全く別世界に見えます。こんな景色があったのかって。雪って寒いし冷たいし足元悪いしってなるんですが、こうして景色見てるだけだと非常にいいですよね。今日も雪が降ったからこそ、こうしてカメラを持ち出し写真を撮ってるわけですから。

見慣れた清水池公園も雪景色

通勤途中に横切る清水池公園も雪景色でした。ここは毎朝掃除をされてる方々もおられるんですが、今日は雪かきしてましたね。

鳥たちも、今日はどこにいるのやら。

そんな大雪が降った翌日の東京、目黒。昨日の混乱が嘘のように静かな朝でした。