文化財の宿、伊豆は修善寺にある新井旅館を訪ねて

2016年夏、某旅行会社知人のはからいで、伊豆は修善寺にある「新井旅館」に宿泊させてもらいました。この宿、なんと国の登録文化財だとかなんとかで、事前にホームページなど拝見させていただきましたが、本当に凄そうです。期待は高まりますよね。

⇒ 新井旅館公式ホームページ

修善寺温泉は伊豆半島中央北部に位置し、温泉街の中心を修善寺川が流れ、そして地名の由来となった修禅寺があり観光客も多く訪れています。日本百名湯に選ばれる伊豆半島で最も歴史のある温泉で、古くから温泉地として広く知られている地域ですね。ワタシ自身が訪れるのは二度目なんですが、修善寺泊は初めてでした。非常に楽しみです。

感動的なその建物

ロビーから中庭を臨めば、巨大な石、池の上に建つ日本家屋、そしてそれらの建物をつなぐ渡り廊下や橋などが、壁構造でない柱と梁構造の日本家屋によって足元まで視界が開け、全てが感動的に目に飛び込んできます。

この新井旅館は、平成10年に建物の歴史的価値が公に認められ、15棟が国の登録有形文化財として登録されました。その文化財になった建物内を見て回る見学ガイドツアーも実施されていて、宿泊客でない方でも参加できます。

⇒ 新井旅館 登録文化財ガイドツアー

所要時間は約40分、宿泊客は500円(ドリンク無し)/宿泊客でない方は1,500円(ドリンク付き)。

この新井旅館は、敷地内にある池の上に建っている建物もあり、それらをつなぐ廊下や橋などにおいて、各所に水を感じられるような配慮がされています。常に耳障りの良い水の音やその気配に癒やされますね。

ちなみにですが、修善寺温泉街ではフリーWi-Fiが利用できます。新井旅館の一部客室からでも利用できるようなので、ご利用になりたい方は「Izu_City_Free_Wifi」を探してみて下さい。また、新井旅館では公衆無線LANサービスが利用できるようです。パスワードが必要なので、フロントまで問い合わせして下さいとのこと。有線LANサービスもあるようです。

客室も心落ち着く日本家屋

現在改築工事などを行っている池上に建つ「桐の棟」などにおいては、一部腰壁などが必要になった関係で従来の雰囲気を楽しめない箇所などもありますが、「吉野の棟」や「花の棟」などは従来の日本家屋の良さを味わえます。座して楽しむ客室において、腰壁もなく床面までガラスで覆われた空間は借景を100%楽しむことができ、裏を流れる修善寺川の季節感をまるごと体験することができます。

二階廊下も趣がありますよね。大好きです、こういった空間。

とにかくすごい温泉施設

いや、ごめんなさい、さすがに写真を撮って回れませんでした。実はこの新井旅館の凄さは温泉施設にあったんです。大浴場の「天平大浴堂」をはじめ、対面道路を地下道を抜け敷地内としてアプローチをする「木洩れ日の湯」、また貸し切りで楽しむことができる「睡蓮」「かわせみ」など、それぞれ楽しむことができます。

大浴場の「天平大浴堂」に使われている柱は、もう日本では入手することができないサイズのものらしいです。それらを支える巨大な伊豆石も驚く大きさで、様式、材質、技術すべてにおいて優れた建物であるとわかります。浴場は少し床面が低くなっており、窓の下には向かい合った池の中を見ることができます。いやぁ本当に写真撮りたかったな、と。説明も詳しく聞いていたんですが、時間も経って忘れてますね、また行かなきゃ、笑。

唯一撮れたのが、この貸し切り風呂の「睡蓮」です。八角形に組み上げられて高い天井がいい雰囲気です。とにかく湯が気持ちよくて、しばらくボーッと浸かってましたね。日本人に生まれてよかった、と思う瞬間、笑。

周辺環境も素敵な温泉街

新井旅館の裏手にある「竹林の小径」はライトアップもされていて夜も楽しむことができます。川の音も近くに聞こえ、非常に趣があります。

朝の時間帯も空気が澄んでいて非常に清々しい気持ちになれます。その竹林の小径からぐるりと散策もできます。

やはり修禅寺

その地名の由来となった修禅寺。ちなみに地名は「修善寺」、寺名は「修禅寺」で表記が異なるんですが、両方とも「しゅぜんじ」と読みます。最寄り駅は地名の方の表記で修善寺駅。まぁお寺だけが「弾」ってことで納得ですかね。

以前来た時にも訪れたはずだったんですが、何となく前とは違う感じがしてたんですけど、恐らく全く気のせいではないかと。。。食べたお蕎麦の印象しか残ってない気もしますしね。ただ、何やら大きな木があって、子宝に恵まれるだとかなんだとかを聞いた気がしてたんだけどな、とか。

と、そんな修善寺を堪能しました。何やら新井旅館は仲居さんの評判がよくないなんてネットであれた情報も拾えたりしますが、とにかく建物は素敵ですよ。宿泊以外でもガイドツアーや日帰り温泉などでも楽しめると思いますので、是非立ち寄ってみてくださいね。ワタシは十分満足でした。